駆除方法

コウモリだけでなく、鳥獣保護法で保護されている動物は殺処分する事ができません。
そのため、コウモリ駆除とは言っても家屋から追い出し保護するというのが目的となります。
つまり、毒薬などを利用する事はできないため、燻煙や音を使って家屋から追い出すという方法で駆除は行われます。
基本は煙を使った追い出しが使われますが、捕獲許可が出ている場合には掃除機などで吸い込む事もあります。

掃除機

捕獲許可が出ている場合には、専用の器具を使ってコウモリの捕獲を行います。
コウモリは狭い場所に隠れ潜んでいる事も多いため、掃除機のような器具を使って吸い出すという方法が使われる事もあります。
家庭用の掃除機とは違い、害獣捕獲用の専用器具であるため、素人が利用する事は難しい道具です。
プロだからこそ使える機器を利用する事で、素早く確実に害獣の捕獲が可能です。

忌避剤

コウモリは巣と認識した場所に戻ってくる習性があるため、一度追い出しても再び舞い戻ってくる事があります。
これを防ぐため、追い出し後には忌避剤が塗布されます。
コウモリの嫌う成分が含まれた忌避剤を使用する事で、危険な場所という認識を与える事が可能です。