病気

コウモリ駆除を行う理由となるのが、最も大きいのが人にも感染する可能性のある病気を媒介するためです。
コウモリは自然の中で様々な病原菌を保持した状態で生活をしているため、空飛ぶネズミと呼ばれる事も少なくありません。
空中を移動する事から、駆除が非常に難しい生き物であるため、病気を予防するためにもしっかりコウモリ駆除を行いましょう。

人獣共通感染症

コウモリ被害として懸念されるのが、人獣共通感染症の存在です。
これは、狂犬病はBSEの様に人と動物のどちらも感染する可能性のある病気を指します。
現在の日本では狂犬病に感染するリスクはほぼありませんが、予防は重要です。
一度感染すれば重篤な状態となってしまう病気であるだけに、感染源を排除する事は重要な対策となります。

狂犬病

狂犬病は高い死亡率を持つ恐ろしい病気であり、海外では野犬に噛まれた事が原因で発症する事があります。
コウモリもこのウィルスを媒介しているため、糞尿が人の粘液に触れる事で感染してしまう可能性があります。
症状としては、知覚過敏や脱水症状、精神錯乱、興奮、麻痺、高熱など様々な症状が起き、最終的には全身が痙攣します。
呼吸が難しくなる事で血圧が低下し死亡する病気で、コウモリから感染した場合には症状が急激に発生する事がある様です。