増える被害

コウモリ

近年、全国各地でアブラコウモリの被害が増えており、多くの家庭がコウモリ駆除の必要性に直面しています。
主な被害としては、糞尿による家屋の不衛生化です。
虫がわく原因となるだけでなく、ウィルス感染の原因ともなるため、決して素手で処理を行おうとしてはいけません。
コウモリ被害を解決するためには、プロのコウモリ駆除業者に依頼するのがベストの方法です。

イエコウモリ

アブラコウモリはイエコウモリとも呼ばれ、全国各地に生息しています。
住宅の天井裏などに集団で潜み、夜になると活動を開始します。
イエコウモリは体長5cm程度と小さく、体重も重くて10g程度にしか過ぎません。
体が小さいため、数センチ程度の隙間からでも家屋に侵入する事ができ、非常にやっかいな害獣です。

生態

コウモリ2

近年、コウモリ駆除の依頼が増えており、多くの家庭が被害にあっている事が伺われます。
イエコウモリは集団で生活を行うため、一度住み着いてしまえば100頭近い数のコロニーを形成します。
日没と共に活動を開始するため、夕方から深夜にかけて100頭ものコウモリが家屋から飛び立ちます。
その際の騒音がコウモリ発見の切っ掛けとなる事も少なくありません。

昆虫を主食とするため、人が直接被害にあう事は滅多にありませんが、多くの病気を人に運んでくる可能性があります。
抵抗力の低い子供や老人の場合、病気に罹る可能性が高くなるため、しっかりとコウモリ駆除を行う必要があります。

い !